私たちの考えるこれからの家

設計事務所に頼んで注文住宅を建てようと考えた時に、「あらゆるものを自由に設計・選択できるけれど、値段もどう膨らんでいくかわかりづらい」と不安に思われるお客様は多いでしょう。もちろん、エクステージでも自由な家づくりができます。しかし、お客様の不安やわかりづらさを少しでも解消するためにも、家の性能として備えておくべきものはあらかじめ標準仕様としてご提案するべきだと考えています。「いくら見た目が良くても、実はただ雨風をしのげる程度の性能しかない」、そんな家づくりは時代遅れです。

エクステージの家とは暖かく快適な家

最新の研究では、建物内の温度差がある家に住む人より、温度差がない家に住む人のほうが寿命は4年程度長いと報告されています。各居室はもちろん、トイレ、洗面所、廊下も含めて、家の中の温度差をなくすことは、家族の健康と長寿につながります。また、地震の多い日本の家に欠かせないのが地震対策。高い耐震性は大前提として、さらに“揺れを抑えられる”家を目指します。

熱の出入り口を徹底対策!

冬の暖房時の熱が
開口部から流出する割合

床下空間

夏の冷房時(昼)に
開口部から熱が流入する割合

小屋裏空間

家のどこにいても温度差がなく、快適で家族の健康に危険がない家を提案します。そのために下記の仕様を標準化しました。

コストが高いのではと思われる方もいらっしゃると思いますが、エネルギーのロスを減らして光熱費を削減することにより、入居後にローン支払いと光熱費を合わせたコストが少ないことにお気づきになられるかと思います。
このように、熱が逃げやすい場所を徹底的に対策すると同時に、冷暖房、換気や空調設備を整えることで、無駄な冷暖房エネルギーを削減しながら、一年中快適に過ごせる家になります。!!

耐震性にすぐれた住宅(耐震等級3)

エクステージの家(【フラット35】Sの対象住宅)は、耐震等級3(強い揺れに対して倒壊、崩壊等しない程度の性能を確保した住宅)の品確法型式認定を取得しております。
耐震等級3の場合、住宅ローンの借入金利が一定期間引き下げられる制度がご利用でき、地震保険が半額になります。
エクステージでは、設計段階から耐震性の確保に重点を置いており、日々構造の安全性について研究を重ねていますので、ご安心ください。

温度のバリアフリー化

バリアフリーというと多くの人がまず思い浮かべるのは“段差のないデザイン”かもしれません。しかし、「お風呂を出たら、脱衣所が凍えるほど寒い」、「2階の日当たりのいい部屋が暑くなりすぎる」など、温度差は健康的な生活を脅かす可能性があります。ですから、“家の中の温度差をなくすこと”もバリアフリーのひとつ。エクステージの家では温度のバリアフリー化に力を入れています。
そのための床下冷暖房が標準です。またエアコンが不要になるなどのプラス面もございますので低コストです。

“いい家”のためのサポートにも全力投球!土地探しから、デザイン・プランニング、住宅ローンのご相談、施工、お引き渡しまですべてお任せください!

家づくりには煩わしい書類作成や審査などがつきものです。また、土地を買うところから注文住宅を作っていこうとする場合、不動産屋、建築設計事務所、銀行、工務店など関係各所に何度も出向かなくてはなりません。しかし、エクステージでは家づくりに関わるすべての流れをサポートしておりますので、お客様が大切なお時間を削りながらあちらこちらに奔走する必要はありません。窓口はエクステージひとつだけ! ワンストップで“いい家”づくりを実現します。

床下空間

大空間を提案します

エクステージの家は完全な自由設計であるところも特徴です。敷地の条件に合わせ最大限のプランを提案します。その中で特に提案しているのが大空間。つまり大きなリビングルームです。多くの会社では建物の柱と柱のスパンを二間までで設計していることが多いようです。実際にスパンが大きくなると強度が下がります。そのことにより「二間幅以内にしないと危ないですよ」と言われたとよくお聞きします。しかし、その言葉の本音は強度を保つための材料費がかかることを避けようという発想です。大空間は可能であり家族が集まれる最も大事な部分です。

床下空間
小屋裏空間
床下空間
小屋裏空間

テレビ画面によるシミュレーションで360度の外観、室内の内観をその場でご覧頂けます。「マイホームのイメージが具体的にふくらませやすい!」とご好評いただいております。

エクステージが考える“いい家”をベースに、お客様が考える“いい家”へ! 一緒につくり上げていきましょう。まずは一度、エクステージ一級建築士事務所にお気軽にお立ち寄りください!

ページ上部へ戻る