エクステージの家の標準仕様 その2フロアセントラル換気システム

家の中でもっとも熱の出入りが多い場所が窓です。つまり、熱の出入りを抑えられる断熱性能の高い窓にすれば、家の断熱がほぼできたのも同然と言えます。 エクステージの家はアルミ樹脂複合窓が標準仕様。断熱性の高い窓で快適な住空間を守ります。

昔の日本の家といえば、夏は窓や戸を開け放って風を取り込み、冬は隙間風がある中で暖を取るという住環境でした。ですから、自然に換気されていたともいえます。しかし、現在の住宅は冷暖房エネルギーの無駄づかいを抑える省エネルギー面が重視され、断熱性や気密性が向上していますので、計画的な換気がとても大切です。

また、2003年のシックハウス法施行からは24時間換気が義務付けられています。 エクステージの家は標準仕様で「フロアセントラル換気システム」を採用。計画的な換気で、安心して生活できる空気環境を維持できます。

「フロアセントラル換気システム」とは?

各室に換気ユニットを設置し、その力で給気および排気を行います。給気・排気ともに機械による換気方法は「第一種換気」と呼ばれ、室内の気圧を正常に保ちやすいとされています。

生活の中で発生する水蒸気は結露の原因となります。結露はカビやダニの発生原因になるだけでなく、木材を腐らせるなど建物の耐久性にも影響を与える可能性があります。また、二酸化炭素や燃焼ガス、建材などに含まれるホルムアルデヒドなど、室内空気汚染物質は健康に悪影響を及ぼします。ですから、室内の湿気や汚れを含んだ空気を排出し、外の新鮮でキレイな空気を取り込める換気システムがとても重要。「フロアセントラル換気システム」はその大切な役目を担う、“天井裏の力持ち”です。

省エネルギーを実現する全熱交換素子

「フロアセントラル換気システム」では全熱交換素子を採用しており、室内の汚れた空気を排気して、屋外の新鮮な空気を取り込む際、外気と室内空気の温度・湿度を交換します。これによって、屋外の空気を室内の空気の温度・温度に近づけて取り込むことができますので、冷暖房エネルギーの無駄づかいを最小限に抑えることができます。

高性能フィルターの搭載が可能!

外気を取り込む際に2.0μm以上の塵埃粒子を99%捕集する高機能フィルターの取り付けが可能ですので、PM2.5対策にもオススメです。 また花粉も除去しますので、つらい時期を快適に過ごせます。

ページ上部へ戻る