1. Home
  2. 住まいについて学ぶ
  3. 家づくりよくある質問

住まいについて学ぶ

家づくりよくある質問

家を建てるといっても、実はよくわからないことって意外にあるのではないでしょうか?
ここでは、そんなお客様から住宅について、当サイト加盟店によくいただくお問い合わせをまとめてみました。

注文住宅について

ご質問一覧
答え一覧
家作りを考えていますが、何から始めればいいのでしょうか?
ほとんどのお客様が初めて「家」を建てることになりますので、戸惑われるは当然です。まずはご相談下さい。そして、お客様が住んでみたい家のイメージをお聞かせ下さい。ヒアリングをもとに弊社の設計スタッフが、お客様のライフスタイルに合ったプランをご満足いただけるまで何度でもご提案します。土地や住宅ローンについても、弊社の長年の経験を生かしてサポートさせていただきますので、安心してお任せ下さい。
思い通りの家ができますか?
「100%思い通りの家ができる!」と言いたいところですが、予算などを加味するとある程度制限しなければならないこともあります。しかし、エクステージでは事務的に打ち合わせを行うのではなく、まず、お客様の生活スタイルや夢をとことんうかがって、予算の中で最大限にご満足いただけるマイホームを作る自信があります。価格以上の価値を感じていただき、「想像以上の家ができた!」と言っていただくためにスタッフ全員がアイディアを出していきます。そうすることで、思い通りの家に近づくのではないでしょうか!
また、当WEBサイトの『ギャラリー』にも、これまでにお客さまと一緒に手掛けてきたさまざまな施工事例をご覧いただけます。マイホームづくりのヒントにしていただけましたら幸いです。
モデル住宅はありますか?
現在モデルハウスはありません。それにはちゃんとした理由があります。住宅展示場にあるモデルハウスは建設費1億円、年間維持コスト3,000万円が相場。モデルハウスの維持には多くのコストがかかり、そのコストは販売価格に上乗せされていることがほとんどです。つまり、モデルハウスがないのは、お客様にはなるべく低コストで家を建てていただきたいという理由から。ただし、建築中の現場や完成現場、引き渡し済みの現場をご案内させていただくことは可能です。弊社スタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。
また、当WEBサイトの『私たちのマイホーム自慢』では、お客さまの目線でマイホームが語り尽くされています。ぜひご覧いただきながら、イメージを膨らませてみてはいかがでしょうか?
一般的に在来工法は火災保険が高いと言われますが……?
ご質問の通り、2×4(ツーバイフォー)工法等に比べ、在来工法での火災保険の費用は倍くらいかかります。
しかし、在来工法でも「省令準耐火構造」で建築した場合、埼玉県にある30坪の家(1,500万円での契約)の火災保険は、一般在来工法:618,050円に対して省令準耐火構造:273,550円と約半分ほどになります。
火災保険が安いということは、すなわち、燃えにくい住宅ということなのです。注文住宅を建てられる際は、「省令準耐火構造」での建築をぜひご検討ください。

土地について

ご質問一覧
答え一覧
土地購入時の諸費用はどのくらいかかりますか?
土地代金以外にかかる諸費用は、手付金+仲介手数料(※弊社の社有地の場合はかかりません)+印紙代+登記代+固定資産税となります。また、土地には消費税はかかりません。金額としては、おおよそ土地代金の5%ほどが目安となります。
土地を購入するには、どのような点に注意をすればいいですか?
理想のマイホームを建てるための第一ステップは、まずは希望に合った土地を探すこと。しかし、希望に合った土地を探すといっても、お客様の希望に優先順位をつけることから始めます。通勤の便利さ、広さ、陽当たりなどはもちろん、予算も重要なポイントなると思います。さらに、希望の土地が見つかったら、その土地の法令・条例等を含め、周辺環境や過去の浸水の有無等を詳しく調べる必要があります。とはいえ、専門的なことをお客様が調べるのは大変です。エクステージでは、営業スタッフがお客様に代わり調査し、ご納得していただいた上でお選びいただきます。もちろん費用はかかりません。
土地活用のアドバイスはいただけますか?
金利の不安定な時代、土地活用は有効な資産運用のひとつとして注目を集めています。たとえ小さな土地でも、その立地等によってさまざまなニーズがあります。また、エクステージでは、今までのノウハウの蓄積により、市街化区域、市街化調整区域問わず、お客様にとってベストな活用をご提案させていただきます。ぜひエクステージにご相談下さい。
土地を購入するときにかかる税金はどのようなものがありますか?
土地の登記時にかかる「登録免許税」と登記後にかかる「固定資産税」、「不動産取得税」があります。各税額については、それぞれ期限(期間)等がありますが、軽減(減税)措置等ありますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

資金・住宅ローンについて

ご質問一覧
答え一覧
住宅ローン控除ってどんな制度ですか?
建物の引き渡しを受けた翌年から、10年間、年末の住宅ローン残高の1%分の所得税額控除が受けられるという制度です。ただし、引き渡しの年度によって、住宅ローンの年末残高の上限が違いますので、よくご確認ください。なお、2014年4月~2017年12月は4,000万円(長期優良住宅・低炭素住宅は5,000万円、非課税または税率5%で購入した場合は2,000万円)となっています。
※税制改正により、2019年6月まで延長される見通し。
購入の際の頭金はどれくらい必要ですか?
不動産購入時の頭金に関しては「必ずこれだけの額が必要」といった決まりはありませんが、一般的に長期のローンを組みますので、当然、頭金を多く用意すれば毎日の返済額は下がってきます。しかし、この低金利の時代、頭金を何年もかけて貯めるより、頭金ゼロでも早めに購入して、最終支払い年を前倒しするほうが得だという考え方もあります。エクステージでは、経験豊富なスタッフがお客様が最も得をする方法をアドバイスさせていただきますので、頭金がない方でも、お気軽にぜひご相談下さい。
住宅ローンが承認されなかった場合、どうなりますか?
土地契約時、請負契約時ともに停止条件(ローン特約)を付けて契約しますので、万が一、ローン不承認の場合でも支払い済みの手付金は全額無利息にて返金いたしますのでご安心下さい。弊社営業スタッフがこれまでの経験をもとに、お客様に合う、かつ、条件の良い住宅ローンが組めるようアドバイスさせていただきます。
両親、または、祖父母から住宅資金の援助を受けるのですが、贈与税はどうなりますか?

両親や祖父母(直系尊属)から、住宅取得資金の贈与を受けた場合、非課税措置があります。
2015年は1,000万円(一定基準を満たした質の高い住宅は1,500万円)です。
以降、適用期限が延長されています。( )内は質の高い住宅に適用される金額。
2016年~2017年9月:700万円(1,200万円)
2017年10月~2018年9月:500万円(1,000万円)
2018年10月~2019年6月:300万円(800万円)

ただし、予定通り、2017年4月に消費税10%に引き上げられる場合は以下のようになります。
2016年1月~2016年9月:700万円(1,200万円)
2016年10月~2017年9月:2,500万円(3,000万円)
2017年10月~2018年9月:1,000万円(1,500万円)
2018年10月~2019年6月:700万円(1,200万円)

また、非課税枠が拡大される「質の高い住宅」には、省エネや耐震性能の高い住宅に加えて、バリアフリー性の高い住宅も加わるなど、その範囲が広がっています。
消費税の引き上げになる時期、契約時期、注文住宅の場合は工事請負契約の時期、建物の引き渡しの時期、贈与の時期などを考慮した上で、相続対策や住宅購入を検討する必要があります。詳しくはお問い合わせ下さい。

「すまい給付金」とはなんですか?

住宅(=自らが居住する住宅)取得の時期が消費税率の引き上げ時期にかかる方を対象に給付金が支払われる制度です。新たにマイホーム購入をする人を対象に、増税による負担を少しでも軽減しようと2014年4月からスタートしました(2019年6月まで実施予定)。
新築住宅のみならず中古住宅も対象になっており、住宅取得者(持分保有者)単位で申請し、収入(課税所得)と持分割合に応じて給付額が決定し、支給されます(申請から支給までは1.5ヶ月~2ヶ月程度)。

【参考(消費税率8%の場合)】
収入額の目安都道府県民税の所得割額(※)給付基礎額
425万円以下6.89万円以下30万円
425万円超475万円以下6.89万円超8.39万円以下20万円
475万円超510万円以下8.39万円超9.38万円以下10万円

給付額=給付基礎額×持分割合

※税率は4%ですが、神奈川県のみ4.025%です。

もちろんエクステージでマイホームをご購入いただいた方およびこれからご購入いただく方にも適用されます。今後、消費税率は10%にさらに引き上げられる見込みですし、給付対象者はこの制度を利用しない手はありません!申請のための書類作成のお手伝いもいたしますので、その他の条件など詳しいことは お気軽にお問い合わせください。
【参考】国土交通省「すまい給付金」

夫婦それぞれで住宅ローンを組み、資金を出し合って住宅を購入する予定ですが、すまい給付金はどれくらいもらえますか?
夫:年収600万円(所得割額9万円)・持分割合70%
妻:年収300万円(所得割額5万円)・持分割合30%

まず、すまい給付金の給付基礎額は「年収」ではなく、諸経費や扶養控除等を差し引いたあとの「課税所得」および「都道府県民税の所得割額(課税証明書に必ず記載されています)」によって給付額が決定しますので、よくチェックしましょう。
旦那様は年収600万円ということで、「収入額の目安」で見るとすまい給付金の給付の対象外となってしまいますが、「都道府県民税の所得割額」が9万円ですので給付の対象となります。奥様ももちろん給付の対象ですので、それぞれで申請してください。
いただいた情報から算出したすまい給付金は以下の通りとなります(消費税率8%の場合)。

旦那様給付基礎額10万円×持分割合70%=7万円
奥様給付基礎額30万円×持分割合30%=9万円
合計給付額16万円

国土交通省「すまい給付金」ホームページに、簡単な条件を設定すると給付金額(概算)が分かる「すまい給付金シミュレーション」があります。給付申請のご参考にしてください。

【参考】国土交通省「すまい給付金シミュレーション」

マイホーム購入して入居してから1年以上経ちますが、今から「すまい給付金」を申請できますか?
すまい給付金の申請は、住宅の引き渡しを受けてから1年3ヶ月以内が期限です(当面の間延長しています)。
ただし、消費税率8%への引き上げ(2013年9月30日)の半年前までに契約し、引き上げ前の消費税率5%が適用になった住宅は対象外となります。

アフターサービスについて

ご質問一覧
答え一覧
アフターフォローはしていただけますか?
もちろんさせていただきます。「突然、○○が壊れた!」というような不意に起きてどうしたらいいのかわからないことは、日々の暮らしの中に数多くあると思います。でも、もし、そのようなできごとが起きても、エクステージの家にお住まいであれば、お客様専用のカルテをもとにした適切なアフターサービスを提供させていただきます。ご安心ください。
何年か住み続けてリフォームが必要となったとき、対応してくれますか?
もちろん、リフォーム可能です。エクステージでは、アフターフォロー時に作成するお客様専用カルテにて、情報を管理させていただいております。ですから、ご依頼いただいたリフォーム内容が適切かどうか、新築時の設計図書およびお客様専用カルテにもとづき、アドバイスさせていただきます。
外壁リフォームや設備機器の取り替えは築後何年くらいが目安になりますか?
外壁リフォームや設備機器の耐用年数は立地状況や使用状況によって異なりますが、一般的に外壁は10年~15年、設備機器は10年くらいといわれています。しかし、ご心配はいりません。エクステージでは、万が一のときの対応も休日・夜間にかかわらず迅速に対応させていただきますので、まずはご一報ください。

その他、ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

048-970-5577

メールでのお問い合わせ

注文住宅のご相談専用フォーム